子どもが虫歯になると本当に大変だなって思いました。子供はいつも自分で歯磨きをするのですが、最後に私が仕上げ磨きをします。その時に子供の歯に黒いものがあったので、すぐに歯医者へ行きました。虫歯ということだったので治療をしてもらおうと思ったら、怖くてものすごく暴れてしまい、虫歯治療をするのはかなり大変でした。

なんとか虫歯がなくなったのですが、また虫歯になったら歯医者へ連れて行くのは大変だと思い、最近ブリアン歯磨き粉を買ったのです。これはけっこう有名ですよね。ずっと前から気になっていたのですが、ついにブリアン歯磨き粉を購入してしまいました。これでしっかりと虫歯予防につながると良いのですが・・・。

普段あまりきちんと歯磨きをしないような子なのですが、イチゴヨーグルト味がすごく気に入ったようで、いつも「ブリアン歯磨き粉!」と喜んで歯磨きをするようになりました。こういう味も子供が歯磨きをすすんでするように考えられているんですね。

値段は少し高めですが、無添加で安心できますし、国産というのも良いですよね。口コミを見ても悪い商品ではないようですし、毎日子供が楽しく歯磨きをするようになりホっとしています。虫歯にならないように丁寧に仕上げ磨きをします。

ブリアン歯磨き粉のこだわり

虫歯菌を減らすという子供用の歯磨き粉、ブリアン歯磨き粉が話題となっています。美しい歯並びが称賛される今、子供の虫歯は永久歯にも影響を与えるので、お母さんたちの重大関心事項でもあります。注目のブリアン歯磨き粉には、子供の歯を守るためのこだわりがいくつかあります。まず、ニュージーランドで虫歯になりづらい人を研究して発見された善玉菌「BLIS M18」を採用していること。このBLIS M18は非常に細かい粒子なので、歯と歯の間など、歯ブラシが届きにくいところにまで入り込んで、虫歯の原因となる歯垢を取り除いてくれます。

また、BLIS M1は、殺菌剤・発泡剤・界面活性剤などの使用に弱いため、ブリアン歯磨き粉は殺菌剤・発泡剤・界面活性剤は全て不使用になっています。その他、研磨剤、合成着色料など、様々な添加物も不使用。子供にやさしい歯磨き粉となっています。子供に好まれる苺味なのも、好評です。もう一つ、ブリアン歯磨き粉の特徴は、粉末状の歯磨き粉であることです。これは、歯が生え始めた小さな子供でも使いやすいよう、ペースト状は避けたとのこと。

粉末状の歯磨き粉にはなじみのない方も多いようですが、使用する量だけを手にとって、歯ブラシの先に付けるだけなので、使い方は案外簡単です。また、歯磨きの後には、口の中でBLIS M1が活動しやすいよう、あまりゆすがないほうが良いという点でも、子供が使いやすい歯磨き粉となっています。

ブリアン歯磨き粉で虫歯菌除去

善玉菌入り子供用歯磨き粉として、日経産業新聞にも取り上げられた「ブリアン歯磨き粉」が母親たちの関心を集めています。ブリアン歯磨き粉は虫歯菌除去成分を配合した、子供用の歯磨き粉です。この歯磨き粉で歯を磨くと、虫歯になりづらいということ。子供の虫歯は親の責任、と考えているお母さんたちが気にならないわけがありません。

SNSでも話題になっています。苺ヨーグルト味。界面活性剤不使用、無添加という点も好評価を得ています。ブリアン歯磨き粉は粉末状の歯磨き粉なので、使い方はペースト状のものとはちょっと違います。まず、箱を開けると、小分けされた状態になっています。これを開封して、1回で使用する量(3分の1くらい)を手に取ります。子供の歯ブラシの毛先を水で少し濡らして、ブリアン歯磨き粉を付けます。あとの歯磨きは、通常通り。歯磨きの後のうがいはしすぎない方がよいそうです。

ブリアン歯磨き粉で、虫歯の原因、細菌を子供の頃にできるだけ除去しておくのですから、将来的にも安心できそうです。直接的な効果は、すぐにはわからないようですが、ブリアン歯磨き粉を使ったお母さんたちからは、子供が歯磨きを嫌がらなくなったという声も聞こえてきます。